06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.497】主導=リーダーは何もしない

2016年10月05日
青年海外協力隊に合格して以降、
ありがたいことに、多くのリーダーをさせてもらう機会があった。
派遣前訓練の11班班長しかり(vol.242訓練所「班長」のススメ)、
今年2月のフィリピン派遣50周年記念式典委員長しかり(vol.334「アットホームな式典」)、
フィリピン協力隊の隊員誌「たらばほ」編集長しかり(vol.384・45年の歴史に新たな編集

ただ、自分でも自覚している。
私は決して、リーダーに向いている人間ではない。
強い統率力もなければ、強い言葉を言えるわけではない。
結構、というか、かなり抜けている部分もある。
あまり向いていないからこそ、
この2年間で自分を成長させたいと、
自分に負荷をかけてきた部分もある。

そんな私にとって、
「全然自分に自信が持てない自分でも、
 リーダーがやれるかもしれない」

と思わせてくれる本に出合った。

それが、
「最高のリーダーは何もしない~内向型人間が最強のチームをつくる」

だ。

簡単に内容を説明すると、

・価値観が多様性している時代にあって、
 なかなか強烈なリーダーシップが受け入れられにくい。
・そのため、権限を「現場」に引き渡しているリーダーが多い。
・リーダーのもっとも大切な仕事は「ビジョン」をつくること。
・リーダーは、働きやすい環境をつくることが仕事。
・リーダーは、常にいろんなことが順調にいっているか、
 悩み続けることが大事。


といったところだろうか。

これは、私が派遣前に農業研修を受けた、
アジア学院で学んだ
「サーバントリーダー」
という考えに近いものがあるように思う(vol.92言葉よりも背中で見せる)。

決して現場で強い言葉を発し続けるのではなく、
現場の人たちの個性を生かしながら、
決して前に出ることなく、行動で示す。
私があこがれるリーダー像に近いものだった。

私も、「何もしない」というか「何もできない」リーダーだった。
例えば50周年式典。
当初は、私が各担当に指示を出し、
いろいろと動いてもらおうと思っていた。
だから、すべての情報を集めようと必死になっていた。
しかし、そういう情報収集能力にも、管理能力にも限界があった。
そこで、途中から方針を転換した。
各担当が、一番それぞれの仕事を分かっている。
では、彼らが一番動きやすい環境をつくるには、どうしたらいいか。


そう頭の転換をしてからは、
仕事がスムーズに進むようになった。
例えば講師を呼ぶ担当。
講師とのやり取りは任せ、
彼の要望をJICAに通すには、
どうしたらいいかに専念するようになった。
JICAとの連絡も、最初は個別であり、
忙しい調整員さんの手を煩わせることもあった。
そのおかげで、なかなか回答をいただけないケースも。
そこで、質問シートをつくり、週2回と決めて、連絡を入れるシステムを導入。
だいぶ、質問を整理することができ、
何に回答をもらっていて、何が未回答なのか、
分かりやすくすることができた。

班長、式典委員長、たらばほ編集長の3つに共通しているのは、
私は、ほとんど連絡係に徹していたこと。
全体に連絡を流したり、
訓練所の班担当さんやJICAとの調整役になったり。

しかし、常に
どうしたらもっと効率が上がるかを悩み、
「こういうことがしたい」とビジョンは示し、
(式典は『思い出に残る式典にしたい』、たらばほは『初の電子化に取り組みたい』など)
どうやったらほかのメンバーの個性(特に協力隊は強烈な人が多い)が生かせるのか、
それに力を注いできた。
もしかしたら、それは、
この本で言う「リーダー」に、
片足くらいは突っ込めたのかな、と思う。


帰国をしたら、もうすぐに32歳。
だんだんと、リーダーなどの役割を果たす年齢に差し掛かっている。
いろんなことで悩むこともあるだろう。
そんな時、また読み返したいと思える本に出合えた。

↓本はいろんな組織のリーダーの実例が紹介されており、読み物としても十分に楽しめる本でした。ぜひお読みください!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
未分類 | コメント(0)

【vol.496】懇親=きつい比生活心の癒し

2016年10月05日
9月27日にマニラに上京して以来、
いくつかの送別会を開いていただいた。
立命館校友会と大分県人会の2つだ。

立命館は、私がこちらに来たばかりの2014年末から参加。
多くの方が京都の立命館大の卒業の中、
最近にできた立命館アジア太平洋大学を卒業した私を、
皆さんは迎え入れてくれた。
結構、月に1回くらいのペースで開かれていたが、
私の上京するタイミングに合わせてくださり、
かなりの頻度で参加させてもらうことができた。
懇親会・立命
【写真①】=立命館大学マニラ校友会の皆さんと(10月2日)

大分県人会も、昨年1月くらいから参加。
大分駅前の開発状況や、
大分発のファミリーレストラン、ジョイフルの東京進出、
別府の町の名所などを話しながら、
大分の焼酎、いいちこを飲む。
まるで、大分の都町で飲んでいるかのような感覚に陥るほど、
楽しい会であった。
おまけに、一番大分弁がうまいのは、
フィリピン人の大分大学に留学されていた方。笑

実は、大分県人会に関しては、
フィリピン派遣前に県庁の方に会った時、
「今、フィリピンには大分県人会が活動していないんです。
 山路さん、ぜひ立ち上げてください」

との“密命”をもらった。
それが、大学の先輩を通じて県人会活動をしたいと思っている方と知り合い、
あれよあれよといううちに、県人会がスタートしたのだ。
懇親会・県人会
【写真②】=大分県人会のメンバーと。左端にはいいちこのボトル(10月4日)

2つともの懇親会での共通点は、
なかなか、普通に生活していたらお会いできない人に多く出会えたこと。
立命館は同じ業界の違う会社の社長さんが加入されていたり、
県人会は、フィリピンでも有名な日本人の方が入っていたり。

やはり、フィリピンの田舎での生活はきつかった。
1日3食フィリピン料理だし、
シャワー代わりに水を浴びるだけだし、
トイレは便座がついていないし、
任地で飲むのはブランデーやジンなどの強い酒ばかり。
もちろん、ホストファミリーや同僚は大好きだが、
たまには、日本人とも話したい。
協力隊とも数ヶ月に1回は会うが、
会えば活動の話になったり。
何の利害関係もなく、
ただ、出身大学、出身県が同じというだけで、
一緒にお酒を飲める。
私にとっては、
きついフィリピン生活での心の癒しとなっていた。

最後の最後、皆さんとお会いできて良かったです。
また日本かフィリピンでお会いしましょう!

↓いつも、地方から来る私に予定を合わせていただき、ありがとうございました! またフィリピンに戻ってきます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)

【vol.495】投稿=最後の登場あす夜7時

2016年10月04日
佐賀市に、
えびすFM(89.6MHz)
というコミュニティーFMがある。
その中で、協力隊OB・OGによる番組
「Go for the World, it's YOU!」
が、毎月第1水曜日の午後7時(日本時間)である(vol.73温かい先輩からの言葉)。
ラジオ出演
【写真】=初代MCの田中さん(左)と鶴田さん(2014年6月に出演時)

私は、記者の最後の赴任地が佐賀だった関係で、
協力隊のOB会は佐賀の方が知り合いが多く、
その縁で、この番組に
「月刊やまじ」
というコーナーをもたせてもらっていた。
毎月、活動上の悩みなどをメールで投稿し、
その話題を元に、
協力隊OB・OGであるMCの皆さんや、
協力隊にまつわる毎回のゲストの方にアドバイスをいただくというコーナー。
何度か忘れられたこともあったが笑、
何とか毎月、メールを送り続けることができた。

その「月刊やまじ」も
あす5日の放送が最終回!
それも、フィリピン最後の夜に放送なんて!


とりあえず、最終回の原稿を送ったのだが、
ついつい、思いがこもってしまい、
長々と書いてしまった。
読んでいただくMCの皆さん、ごめんなさい。

実はこの番組、
専用アプリを使えば、
世界のどこからでも聴くことができる。

えびす公式HPの中ほどにダウンロード方法があります)
だから、私も任地で、アプリを使って、
毎月聴くラジオを楽しみにしていた。
(電波状況も悪いことがあったが…)

知った人たちの声が毎月聴けるのは、
本当にうれしく、
任地で一人でいる寂しさを紛らわせてくれていた。

ぜひ皆さん、あす午後7時(日本時間)、
最後の「月刊やまじ」を聴いてみてください!
私もマニラで聴きまーす!

↓あすは協力隊秋募集が始まって最初の放送なので、説明会情報とかあるかな? 協力隊に興味のある方、ぜひ聴いてみてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)

【vol.494】凝固=自分で周囲に壁つくる

2016年10月04日
ずっと、もう日本に早く帰りたいと思っていた。
9月末から続くマニラでの生活。
なんか、なかなか周囲とうまくいかなくて。
「日本人との関係の方が面倒くさい」
と思っていた。

でも、それは誤解だった。
周囲に壁を作り、ギスギスした雰囲気を作っていたのは、自分だった。

やはり、仕事ができなかったこの半年ほどは、
本当に苦しかった。
政治的な問題、
これに、ヨソモノである私はタッチできず。
任地でもずっとイライラし、
同僚に当たったり、ナナイ(ホストマザー)に当たったり。

そして、その矛先は、
JICAにも向けてしまっていた(vol.445立ち上がろう僻地隊員)。
なぜ助けてくれないのか。
なぜほかのところばかり行くのか。
もう、周囲に誰も味方がいないと思っていた。

ただ、賛同してくれる人もいた。
「こんな帰る間際の人でも、悩むんですね」
と言ってくれた後輩隊員。
「うちも同じですよ」とコメントをくれた他国の隊員。
この意見が、私を冗長させた。
隊員の地位向上が、私の責務だと勘違いしてしまった。

3日にあった最終報告会。
私はこの場でもぶつけた。
「全然僻地にJICAは来てくれない」
「不公平だ」

その夜、同期たちと打ち上げの席。
同期からこう言われた。
「なんか、僻むのってガキっぽいですね」
「山路さん、周囲と感覚が違うって、自覚したほうがいいですよ」
「最近の言動、みんな心配してます」


本当に、雷に打たれたような思いだった。
周囲に、そう思われていたのか。
自分で周囲に、壁を作っていたのか。

それからは、同期に、
「とりあえず、俺をズタボロにしてくれ」
と腹を割って話し、
おかしかった点、おかしかった態度など、
いろいろと指摘をしてもらった。
一方で、自分がつらかったこと、何とか状況を変えようとしていたこと、
いろんな話もした。
気づけば、壁は取り払われていた。

この「山路おかしかった期」にご迷惑をお掛けした皆さん、
本当にごめんなさい。
山路、改心いたしました。
気づかせてくれた同期のみんな、ありがとう!

↓帰国まであと2日。最後の最後まで、いろんなことを協力隊で学べています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)

【vol.493】受入=本当に支援必要なのか

2016年10月03日
ほかの国にあるのか分からないが、
フィリピン政府には、
海外からのボランティアの受け入れを担当する部署がある。
青年海外協力隊やKOICA、米ピースコーなどのボランティアが国内で活動する場合、
この部署の許可が必要なのだ。

9月末、この部署であるPNVSCAを訪れた。
最終報告をするためだ。
なぜ協力隊に応募したのか。
どんな活動をしたのか。
LGUはどんなサポートをしてくれたのか。
帰国後はどんな道に進むのか…。
いろんな質問をされ、
最後に感謝状のようなものを受け取った。
PNVSCA
【写真】=感謝状を受け取る筆者(9月30日)

ただ、この部署の役割は、
最後までよく分からなかった。
別に任地を訪れるわけでもなく、
提出する報告書だけで活動を評価する。
その上、
「もっと農業の知識のある人材がほしい」とか
「日本のボランティアは言葉ができない」とか
注文をつけてくる。

そもそも、この部署の存在が、開発を妨げているのではないか?

この疑問は結局この2年間、ぬぐうことはできなかった。

フィリピンは、本当に恵まれた国だと思う。
私の町はかなり貧困の激しい町ではあったが、
それでも、
未知のものであっただろう木酢へは投資をしてくれたし、
優秀な人材も数多くいた。
ココナッツオイルを作るだけの資源もあった。


人・モノ・カネ、決して不足している国ではない。
本当に国際協力を必要としている国なのだろうか。

このPNVSCAを訪問した夜、
ほかの隊員に連れて行ってもらって、
マニラのカジノに行った。
金ぴかできらびやかな施設、
無料で配られるビールやジュースなどの飲み物、
そして、
札束を握り締めて賭けに興じる人たち…。

見ていて、恐くなった。
ティナンバックでは1000ペソ(約2000円)でも暮らせているのに、
ほんの数分で、1000ペソなんて消えてしまう。
ここで一晩で使うお金が、貧しい人の支援に回せたら…。
ここで使うお金で、貧しい家庭の人を雇えたら…。
そう考えると、とてもギャンブルを楽しむ気持ちにはなれなかった。

例えば、貧しい人たちの拠点づくりのような場所は、
求められているだろう。
ビジネスを通じて、農家の所得向上なども必要だろう。
カネとヒトがうまく循環できていないこの国には、
その投資方法についてアドバイスする第三者の目、
つまりヨソモノである外国人の目は必要なのかもしれない。

ただ、
空港や橋、学校を建てたりなど
そういうハード面って、本当にこの国では賄えないんだろうか?

今年は、フィリピンに協力隊が派遣されて50周年。
その節目だからこそ、
本当にこの国に国際協力は必要なのか?
この国が自立するためにも、どうすれば国際協力を減らしていけるのだろうか?
そんな議論を、もっとしてみたかった。

↓今や、他国にボランティアを送るようになった中国のように、先進国へと仲間入りし、国際協力が不要となるような国が増えてくれることが、国際協力の最大のゴールだと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。