08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.50】創刊=過去の失敗は「経験」だ

2015年01月25日
【長文です。お急ぎの方は後ほどどうぞ】

きょう25日目は、
二つの節目が重なった。
一つは、任地ティナンバックに来て、丸2ヶ月が経過したということ。
来て1週間で台風により首都マニラへ退避、
同僚とは金の負担をめぐってもめたり、
あまりに予定通りいかないことに、自分でいらだって空回りしたり。
水しか出ないシャワー、
冷蔵庫のない、もっというとビールのない生活に耐えられるか。
不安だらけだったが、曲がりなりにも何とか日々、歩みを進められている。

そして、このブログも、きりの良い50回を迎えた。
「ほぼ毎日更新したい」と思い、
58日で50回の更新。
正直、コンポストや土着菌の話題ばかりで、
もう飽き飽きされている方も多いかと思われるが、
毎日日記代わりにつけることで、
日々の活動の記録だけでなく、
自分の考えの整理、
そして多くの人に「読まれている」という緊張感で、
選ぶ話題、言葉、写真も少し意識して書くように心がけることになった。
(意識してるだけでどう伝わっているか…)

文章を書く、という行為は、
得意かどうかは別にして自分が好きなことであり、
自分のコンプレックスでもある。

vol.12では、
さも自分が志を持ってやめたようにかっこつけて書いてしまったが、
(今読み返すと、すごく恥ずかしい。。。)
正直に言えば、当時の同僚たちからは
「逃げた」
と思われていたと思う。
実際、そういううわさも聞いたし。

確かに、そう思われても仕方ないかもしれない。
正直、職場の人間関係、
というより、あまりに
「原稿が下手だ。取材が甘い。記者に向いていない」
と言われ続け、
精神的に参る日々だった。
そんな時に出合ったのが、国際協力の仕事だった。

たまたまきょう、同じような悩みを持つ友達とやり取りをしていて、
昔、自分が悩んでいるとき、
この曲を聴いて元気になったのを思い出した。


Bank Band 「昨日のNo,明日のYes」

もともと、GAKU-MCって人の曲だけど、
その中で
「過去のすべての失敗と失態を 経験と呼びなおすためにある今日」

って歌詞が大好きで、
去年の今ごろ、ずっと聴いていた。

記者時代は毎日怒られてばかりだった。
失敗、失態の毎日だった。
でも、今思えばすごく良い経験。
あの経験があったからこそ、
今こうしてフィリピンでさらなる「失敗」ができている。

「逃げた」って言いたければ、言わせておけばいい。
苦しかったあの日々も、
「良い経験」と呼びなおせるようになった。
次は、元物書きとしては、
見返す
のが礼儀と思う。
「こんな面白い記事書くなら、
 必死に引き止めればよかった」と言わせたい。
今、こうして毎日のように更新している〝原動力〟は、
たぶん言葉にすれば、そんな感情だと思う。

◆     ◆

ぐだぐだ書いてしまったが、
そんな原動力の固まり第2弾を、
この節目の日に始めたいと思う。

それは、
「月刊やまじタイムズ」。
月刊やまじタイムズ創刊号(1)
【写真①】=月刊やまじタイムズ創刊号1ページ目です。クリックで拡大してご覧ください
月刊やまじタイムズ創刊号(2)
【写真②】=創刊号2ページ目です

タイトルのセンスがなくて恥ずかしいが、
言うなれば「隊員通信」
過去の先輩隊員たちは、
本当に面白いセンスで、
任地の魅力、活動内容を伝えるために隊員通信を発行していた。

派遣前のコミュニティ活動研修のときにその話を聞いてから、
「ぜひ書きたい!」と思っていた隊員通信。
でもなかなかきっかけがなく、
ずるずると時間ばかりがすぎていた。
そのとき、重なった二つの節目。
「いつやるの? 今でしょう!」という
少し流行おくれの言葉が頭をよぎり、
一気に書き上げた。

正直、内容的に
日々のブログの横書きを縦書きにしただけでしかないし、
字詰めとか、うまくいかなかったところはあるが、
任地ティナンバックのことを知ってほしい、
国際協力の現場を知ってほしい、
そこで活動する「山路健造」という人間が、
どういう思いで携わっているかを知ってほしい―。
そんな思いで書き上げた。
ぜひ多くの方に手に取り、読んでいただければと思う。

↓こちらは画像ファイルでアップしていますが、「山路健造」のfacebookページには、PDFファイルでアップ予定です。よければプリントアウトして、ぜひ職場で回し読みください。笑
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(2)
コメント
何と言われようと自分の路を貫く人が強いし、逃げたという言葉の裏側は、辞めれて羨ましいという意識がありますよ。(笑)
路を貫くという話なら、山路でさえも健やかに造るって名前なんだから、名前負けしないように頑張ってください。
No title
「佐賀の美味しい店で会う人」さん
あまりに候補が多すぎて、どなたか絞れませんが笑、ありがとうございます!
山路でさえも健やかに造る! 名前にちなんだアドバイス、ありがとうございます。この名前は、国土交通省の人にしか受けないと思っていましたが、フィリピンで路を造れたらと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。