08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.501】浦島=味わった帰国ショック

2016年10月17日
私が6日にフィリピンから帰国してから、
10日あまりが経った。
この間、
JICAでの帰国オリエンテーションに参加したり、
旧友たちと久しぶりに再会を果たしたり。
でも、2年も日本を離れていると、
完全に浦島太郎状態で。。
かなりびっくりしたことをまとめてみたい。

1、トイレがキレイ
これはまず、降り立った羽田空港で感じた。
紙を中に捨ててもいいの!?
ウォシュレットって何やったっけ?
任地ティナンバックでは、ある意味、
天然ウォシュレット生活
をしていたが…。

2、日本のサービスすごい!
東京から帰りの飛行機に乗るチェックインの際、
「この荷物は梱包しましょう!」
と、
こちらが恐縮するほど、丁寧なサービス!
しかも、私が壊れ物の免責のサインを忘れたのに、
わざわざ荷物検査の中まで追いかけてきてくれるサービスぶり!
フィリピンなら、絶対に嫌な顔されるか、
忘れたほうが悪いくらいの反応されるのに。。

3、日本食うまい!
フィリピン料理も口に合うと思っていたけど、
やっぱり、日本食うまい!
マニラで感じていた刺身の美味しさが、かすんでしまうほど。
しかも、
出汁って偉大!
マジックサラップ(フィリピンの調味料)じゃ、
この味は出せませんよ!

4、乗り物の時間が正確
交通機関の遅延は当たり前!
だったフィリピン。
それが日本は、本当に正確!
乗り物じゃないけど、
分刻みで正確に進むJICAのオリエンテーションも、
「なぜ遅れないの?」
と、逆に新鮮!

5、公共機関のサービスもバツグン!
フィリピンで何かしらの公機関で手続きをすれば、
一日がかりになるのは当たり前。
それが、
市役所への転出届け、20分。
ハローワークへの雇用保険の手続き、1時間。
(しかも、以前に手続きした際の資料を紛失したにもかかわらず)
2日掛かりで取って、
しかも使わなかったECCは何だったのか…(vol.415今からフィリピン離れ)。

6、ついつい、フィリピン語が出てくる
だいぶ今では解消されたが、
帰国して3、4日は、
何か話そうとすると、フィリピン語がついつい頭に浮かぶ。
例えば、
トイレは、フィリピンでCR(コンフォート・ルーム)。
だから居酒屋で、
「CRどこですか?」と言おうとして、踏みとどまったり。
お会計も、ついつい席でするくせがついているし、
店員さんを「クヤ(お兄さん)、アテ(お姉さん)」って呼びたくなるし、
四角くレシートの形を手で示して「チェックお願い」って言いそうになるし。
だいぶ、リハビリは進んできました。

7、寒い!
フィリピンのうちの任地だと、
だいたい平均気温は25度前後。
だから、
20度だと、みんなダウン着ちゃうくらいに寒い!
それが、15度前後なんて…。
しかも、どこもクーラーがきちんと着いているから、
ずっと、喉が痛い感覚がおさまらず。

8、フィリピンのほうが調子良い!
これ、本当。
現地ではあまりおなかが緩くなった経験はなかったが、
着いて4日目くらいに、ちょっとおなかが緩くなり。。
もちろん、連日、いろんな人に飲み会を開いてもらい、食べすぎ飲みすぎも原因だろうが、
どうも、
体が、フィリピンに適応していたのだろう。
だから、
エスニック料理屋でココナッツミルク入りの食事をしたり、
アジア雑貨の店に入ると、
ちょっと体調が回復。笑
しばらくは、フィリピンシックが続きそうだ。

9、デパートでカバンの中身を見せたくなる
フィリピンでは、スーパーやデパート、ショッピングモールなどに入る際、
入り口をガードマンがチェックしているのが一般的。
危険物を持っていないか、
金属探知機を近づけられたり、中身をチェックされたり。
だから、
何もチェックなしに入るのが、ちょっと罪悪感を感じてしまったり。
※もちろん、何も危険物は持ち歩いていませんよ!

10、携帯電話の料金が高い
フィリピンでは、携帯電話は、
使う分だけロードするプリペイド式。
それに慣れているからか、
日本の大手キャリアの電話料金が高く感じて・・・。
結局、格安SIMと契約しなおした。
※詳しい同期に教えてもらった格安SIM。
 初期手数料を込みにしても、
 大手キャリアの毎月の基本料金より安い。


11、あまり大声が出せない
帰国して数日は東京のホステルに泊まっていた。
2段ベッドが並んでいるようなベッドルームだが
ついついフィリピンの感覚で、自分のベッドで電話をしていたら
周りから、咳払いの声が。
は、ここはフィリピンじゃなかった!
夜中まで叫び声が響くビデオケ(カラオケ)、
今となったら、それすらも懐かしい!?

12、すでにホームシック…
ちょうど、任地ティナンバックはフィエスタ(vol.268フィエスタ中に来比を)時期。
しかも、家族の誕生日があるなど、
この時期は毎日が宴会!
facebookでそんな投稿を見ていると思う、
なぜ、私がそこにいないんだろう。。
はやく次の進路を確定させて、
一度フィリピンに里帰りせねば!

以上、この10日ほどで感じた帰国ショックだ。
だんたんと、日本人へと戻っていくんだろうなぁ。
でも、海外で身につけた良い部分は、
どんなに日本の生活になじんでも、残していきたいものだ。

↓しばらくは、このブログ「ココナッツの樹の下で」も、不定期で更新していきます。お楽しみに!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。