10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.498】仙人=隊員を旦那にいかが?

2016年10月05日
「仙人みたいな生活してきたんやな」

帰国を間際に、
マニラ在住の駐在員さんから、そんな言葉を言われた。
理由は、私が話した任地での生活。
月1000ペソ(約2000円)で十分に暮らせる―。
その言葉に、その駐在さんは、
「俺なんか、1日で1000ペソとかすぐ使うわ」
と笑っていた。

ただ、こういう生活は、フィリピンの隊員で極端に珍しいものではない。
私はホームステイで、3食きっちりと出てきていた上、
使うのは、週1回、お手伝いさんに頼む洗濯(1かご100ペソ)と、
同僚や友達と飲む酒代、つまみ代くらい。
お酒も、エンペラドール(ブランデー)は1リットルで100ペソ、
ジンにいたっては、小さなボトルで50ペソくらい。
ともに30度、40度の強さがあり、
十分に200~300円くらいで、ベロンベロンに酔っ払える。
ジンやエンペラドール
【写真】=任地でよく飲まれるジン(透明の瓶)とエンペラドール(9月24日)

自分で洗濯を手洗いして、お酒も飲まない隊員なら
「ついに今月は、1ペソも使わなかった」
という強者も、かつてはいた。
物価は日本並みのマニラでは、
とても考えられない生活だろう。

この2年間で身につけた能力の一つとしては、
あまり、無駄なお金を使わなくなったこと
だろう。
フィリピン協力隊が現在支給される生活費は月325ドル(約3万3000円)。
その中で生活しなければならないから、
何か物を買うときは慎重になってきたし、
トライシクル(三輪バイクタクシー)代の8ペソも
「このくらいなら歩いてしまうか」となるし。
一方で、旅行やお酒を飲むなど、
みんなで楽しむことにはバンとお金を使う。
結構、経済観念がしっかりしてきたのではないかと思う。

なので独身女性の皆さん、
協力隊経験者って、旦那として魅力的だと思うんですよ。笑
家庭を持っても、経済観念はしっかりしていて無駄使いしないし、
炭コンロだろうが火をおこして料理ができるし、
いろいろと、物も修理しながら使うことができるし、
途上国で2年間生活できるだけの体力もあるし。

前職時代は、ある程度給料も安定していたこともあり、
何かが壊れても、
「新しいものを買えばいいや」と
お金に物を言わせて生活していた。
しかし、協力隊として生活する中で、
320ドル以上を使えば、日本の口座から国内積立金が引かれて赤字となる。
だから、壊れても使い続けたり、修理してみたり。

貧乏くさいといわれてしまえばそれまでだが、
やはり、二人で生きていく上でお金は大事なわけで。

皆さん、こんな男性、いかがですか?
ただ惜しむらくは、
多くの隊員が帰国してから当分、無職だということだが…。笑

↓独身男性の皆さん、協力隊に参加して“サバイバル能力”を身につけ、婚活で差をつけてみませんか? 現在、2016年度秋募集の受け付け中ですよ!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
青年海外協力隊2016年度秋募集情報 ♪ 11月4日(金)までですよー!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニティ開発活動記 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。