08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.415】出国=今からフィリピン離れ

2016年07月01日
今から、フィリピンを離れます!

長かった隊員生活も終わり、
いざ日本へ!

…というのは冗談で、
今から、タイへと出発します!
そう、任国外旅行だ!


任国外旅行とは、その字の通り、
自分の任国以外へと旅することだ。
1年間に計20日間まで旅行することができる。
ただ、「じゃあこの機会にアフリカ行こう!」ということは許されず、
任国ごとに、行ける国は限られている。
フィリピンの場合は、
インドネシア、マレーシア、シンガポール、香港、
そしてタイの5カ国となっている。
渡航に関しては、JICAの許可を得る必要があり、
その国へと飛ぶ飛行機の便名や移動手段、宿泊先などを
事細かに知らせる必要がある。

ただ、フィリピンはそれだけでは出国ができない。

この春から制度が変わり、
ECCという書類を取得する必要が出てきたのだ。
これは、その外国人がフィリピンにおいて、
犯罪を起こしていませんよーという証明書のようなもので、
これがないと、出国ができないようだ。

しかし、これがくせ者で。。

もともと、各地の移民局の支部でも取れるという話だったが、
なぜかマニラでしか取れない。
そのため、フィリピンの協力隊が任国外旅行に行くには、
まずマニラに上がってECCを申請・取得する
という作業が必要となったのだ。

それも、1日で申請・取得ができるわけではなく、
早くて3営業日、遅ければ1週間くらい掛かる。
もちろん行政機関なので土日は休み。
だから、
旅行プラス1週間程度は、
マニラに滞在しなければならないのだ。

これが今まで、私がマニラにい続けた理由だ。

私の場合、23日にマニラに上京し、移民局に行って申請。
取得できたのは、6月29日だった。
それも
「28日か29日にはできているよ」とのことだったので、
念のため、29日の午後に取りに行ったら、
「まだできていない」。
それから、待たされること4時間半…。
ようやく、午後6時すぎになって取得ができた。
ECC
【写真】=出国にいるらしいECC(右)と外国人登録証明書のようなもの(6月29日)

本当に面倒くさい!

ただこれも、
アメリカのピースコーや韓国のKOICAのボランティアは
「知らない」って言うし、
取得したほかの隊員でも、提示を求められなかった人もいる。
現在、JICAが、
何とか手続きを不要になるように交渉してくれているが…。

まぁとりあえず、旅にハプニングはつきもの!
それでは、行ってきます!

↓実は、タイは初めて! すっごく楽しみです! また現地レポートします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。