08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.268】祭事=フィエスタ中に来比を

2015年10月14日
Happy Fiesta!

私の任地ティナンバックは、
13日がバランガイフィエスタ(住む地区の祭り)だった。
これはぜひ、多くの人に参加してもらいたい!
ダイビングやサーフィンなどマリンスポーツ目的で
フィリピンにいらっしゃる方は多いけど、
ぜひ、このフィエスタを推したい!

フィエスタ中のフィリピン行きをおススメする3つの理由!
【1】ご飯が大量に振る舞われる
フィエスタ料理
【写真①】=多くのお客でにぎわったホームステイ先のアスクラ家(10月13日)

フィエスタのメーンは、なんといっても食事!
この時期、ある程度お金のある家庭では、
豚を1匹締めて、料理にして振る舞う。
私のホームステイ先であるアスクラ家でも、
もちろん、豚を1頭締めて、
皮は揚げ物に、肉は煮込みにして
振る舞われた。
フィエスタ豚
【写真②】=揚げられる豚さん(10月13日)

フィエスタの料理は、
やっぱり見栄もあるのだろう。
かなりの金をかける。
ただ、Nanay(ホストマザー)は
「ケンゾウ、料理を買うお金がないから、
 今月は早めに家賃を払ってくれない?」と。

まぁ、いつもお世話になっているので、
少しばかりの寄付をさせていただいた。

料理も、かなりいろんな種類があり、本当に楽しい。
フィリピンでは、
全国のフィエスタを渡り歩けば、
食べ物には困らないのではないか?

と思えるほど。

【2】朝から飲める
フィエスタ朝酒
【写真③】=朝から飲む人たち(10月13日)

はい、この人たち、
朝8時から飲んでいました。

フィリピンは、とにかくずっと飲み続ける。
こちらでは、まずはご飯を食べて腹を満たし、
その後に飲むのがスタイル。
それも、
ダラダラダラダラ何時間も。笑
昨年は、フィエスタにビデオケ(日本のカラオケ)をレンタルしたというアスクラ家だが、
今年はNanayの
「ビデオケがあると、みんなずっと飲み続けて帰らない」
という判断で、レンタルされなかった。
その判断、正しいです。

【3】やっぱり夜まで飲み続ける
ビデオケがなくても、飲み続けるのがフィリピン人。
結局、最後の客が帰ったのは8時ごろ。
ほぼ、12時間くらい飲み続けていた。

私はこの日は調理を担当していたので、
夜ご飯が終わった午後6時半ごろから
軽く飲んだ程度だったが、
長く飲みすぎでしょう!

でも、本当にフィリピン人は、
楽しむことに関しては、
時間もお金もかけて楽しむ。
本当にその国民性は、素敵だと思う。
でも、その真剣さを仕事にも向けてくれると、もっと素敵だと思う。笑

どうだろう? フィエスタに来てみたくなっただろうか?
ティナンバックは、
5月がタウンフィエスタ(町全体の祭り)、
10月がバランガイフィエスタとなっている。
そのほかにも、クリスマスなども、こんな感じで飲みまくり。
ぜひぜひ、お越しください!

↓ちなみに、14日も朝から配属先の同僚たちが家に来て、フィエスタの残り料理を食べ、朝8時からジンを飲む!笑 普通にオフィスあるのに。。フィエスタ期間は許される飲酒!(普通のときでも終業前から飲んでいるけど)
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

青年海外協力隊2015年度秋募集情報♪
11月2日(日)までですよー!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン文化 | コメント(2)
コメント
No title
地元のフェスタ、楽しそう?ですね(笑

深刻な記事が有りましたので参考にしてください

フィリピンでの遺伝子組み換えコーン導入失敗例の記事です
http://altertrade.jp/archives/4722

youtubeのURL
https://youtu.be/SLrF6oIiTh0

有機農法の普及促進は、やはり正しい未来への道筋だと感じさせられましたよ

頑張って下さい
Re: No title
やまじーファンさん

おー、貴重な情報、ありがとうございます!
どなたでしょうか?笑

農民の収入状況などを聞いていると、
一人当たり400ペソくらいしか月収がないのに、
1袋1000ペソもする化学肥料を買わざるをえない状況に
なっているんですよね。
http://kenzoyamaji.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
なので、この国で有機農業は、
土の良さ、高価格での取り引きとともに、
天然の材料を使った肥料で経費も抑えられるといううたい文句が、
結構うけているんです。



> 地元のフェスタ、楽しそう?ですね(笑
>
> 深刻な記事が有りましたので参考にしてください
>
> フィリピンでの遺伝子組み換えコーン導入失敗例の記事です
> http://altertrade.jp/archives/4722
>
> youtubeのURL
> https://youtu.be/SLrF6oIiTh0
>
> 有機農法の普及促進は、やはり正しい未来への道筋だと感じさせられましたよ
>
> 頑張って下さい

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。