05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.413】購入=ビコラナの優しい接客(『ケンゾウ、スマホを買う』中編)

2016年06月30日
vol.411ついに壊れたiPhone5のつづき

そして、いざマニラへ上京。
合間を見つけて、家電量販店へと赴く。
「VATカード使えますか?」と聞くも、
3995ペソ(約8600円)は定価なので、
ディスカウントできない、とのこと。

これは、数軒回ってみたが、同じ。
なので、どこで買っても同じなようだ。

結局、一番愛想の良かった店で購入することを決定。
ただ、購入しようとしたものは、ネットワークが3Gで、LTEは使えず、
使えるものだと、6995ペソ(約1万5千円)。
ちょっと旅行前で金欠ではあるし、
帰国後は、通話メーンで使おうと考えているので、
3Gでもいいかっと。
まず、フィリピンの任地では、LTE使えないし。

そして、購入!
携帯購入・箱
【写真①】=HPで見た青を置いている店を選んでみました(6月26日)

フィリピンでスマホを買いやすい利点としては、
基本的にプリペイド式なので、
月いくらという契約ではなく、使う分だけロードをするところ。
なので、今使っている携帯電話のSIMを挿して、
ロードさえすれば、その場で使えるようになる。

ただ、このスマホが新製品だったので、
まだケースはないとのこと。
しかたなく、画面のコーティングシートだけ買ったのだが…。
お姉さん、一生懸命切ってくれてる!
携帯購入・シール
【写真②】=私のスマホのサイズに合わせ、はさみなどで大きさを整える店員さん(6月26日)

まぁ、なかなかサイズが合ったものがないのか、
フィリピンらしい対応だった。

しかし、このお店の2人の店員さんと話していて、
店「なんでフィリピンにいるの?」
私「ボランティアだよ」
店「どこで働いているの?」
私「ビコール。南カマリネス州だよ!」
と話していると、
「え、私たちもビコールだよ!」。
なんと、私の住むビコール出身ということが判明!
なので、記念写真をパシャリ。
携帯購入・ビコール
【写真③】=真ん中のお姉さんは、隣の隣の町、右のお姉さんは隣の州の出身だった(6月26日)

そうやってビコール語とかで話していると仲良くなり、
「初期設定をやってあげるよ」と、
いろいろいじってくれたほか、
「うちの店ではケースがないけど、
 もしかしたらほかの店では買えるかもしれない!」と、
自分の店の利益にならないのに、ほかの店に連れて行ってくれた!
さすが、ビコラナ(ビコールの女性)!

結局、その店にもケースはなかったのであきらめたが、
優しいビコラナの優しい接客のおかげで
フィリピンにて無事にスマホ購入できました!

↓ビコールの女性は、美人で優しい人が多いのだそうな。確かに、2人ともとてもかわいらしく、親切に接客してくれました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.412】百日=ついに帰国日が固まる

2016年06月28日
きょう28日で、
帰国まで100日という節目を迎えた。
そして、その節目の日に、
JICAから、正式な帰国日のお知らせが来た。
予定通り、10月6日だ。
諸手続きや関係各所へのあいさつのため、
マニラに上京するのは9月26日。
任地にいられるのは、あと80日あまりしかない。
本当に、時間の経つスピードの早さを感じる。

そして、その節目の日に、
せっかくマニラにいるので、
JICAの調整員さん(隊員の活動のお世話をしてくださる方)と面談をした。
残りの活動のことについて話すつもりだったが、
どちらかというと、
話題は自然と、帰国後の進路について。

調整員さんから言われたことを箇条書きすると、

・もし会社組織に入るならば、33歳までに。
 35歳くらいになると、ある程度部長などの管理職での転職を求められるようになる。
・国際協力の道に進むならば、志か、給料かのバランスを考える必要がある。
・国際協力の現場で働きたければ、やはりNPOやNGOの職員。
 ただ、待遇面で厳しい面は、覚悟が必要。
・ボランティア調整員で海外に国際協力に携わる道もある。
・転職の話で言うと、JICA職員は、転職でも受け入れてくれるという印象がある。
・もちろん、国連など国際機関に入るという選択肢も。
 ただ、ものすごく高い語学力を求められる。
・記者の経験を生かして、現場から発信するという選択肢もあるのでは?
※これらは、あくまで私へのアドバイスで、
 一般論ではない話も含まれています。



そして、言われた話の中でももっとも印象に残っていたのが2点。
まず1点目は、
「ヤマジには、専門性がない」
ということ。
言うなれば、
私の“今の”キャリアでは、JICA専門家になることは難しい
ということ。
※国際協力系の職種については、PARTNER参照
専門家については、ぼやっと興味を持っていたが、
農業の経験も知識もない状況。
今、コミュニティ開発としてもし派遣されるとしても、
農業を通じたコミュニティ開発とか、保健を通じたコミュニティ開発とか、
そういう専門性を生かしたコミュニティ開発となるという。
今まで国際協力とは別の分野で生きてきた私としては、
JICA専門家になるのは難しいとはっきり言ってもらえたことで、
進路を狭められたし、
NPOやNGOで現場で働きたいという気持ちが
より強くなったのは良かった。

もし専門家になりたければ、
開発コンサルティング会社などに入り、
数年実務経験を積んでからならいけるかもしれない、ということだった。

そして、必ずしも、自分が何かを知識を教えるという
専門性にこだわるのではなく、
現地で専門性を持ったキーパーソンを見つけ、
その人の知識や経験を広める、
コーディネーターのような仕事の選択肢もあるのではないか、
というお話だった。

印象に残っていることの2点目は、
山路は早く身を固めた(結婚した)方がいい
ということ。笑
調整員さんからは
「山路は、アイデアとか行動力とかは、
 確かにあるかもしれない」
と評価していただいた一方で、
「ちょっと短気で、カッとなりやすいところがある」
と。
なので、
「ガンガン前に進みつつ、
時には手綱を取って、冷静にアドバイスをくれる女性が
そばにいたほうが良い」

らしい。笑
こればっかりは、相手がいないとなぁ。

というわけで、
国際協力の現場で働けるNPO・NGOの求人情報や、
手綱を握ってくれそうな女性、
お待ちしています。笑


↓皆さん、大事な情報なのでもう一度言いますね。帰国は10月6日です! 日本の皆様、スケジュール帳へのご記入をお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)

【vol.411】故障=ついに壊れたiphone5(『ケンゾウ、スマホを買う』前編)

2016年06月28日
フィリピンには、
日本からiPhone5を持ってきていた。
日本で2年使い、フィリピンでも1年半以上使ってきたこのiPhone。
ついに、寿命がいらっしゃったようで…。

最近は、バッテリーの寿命なのか、変な縦線が入り。
スマホ購入・アクティベート
【写真①】=変な縦線が入るようになった私のiPhone。そこの部分は、キーボードが押せない(6月28日)

それでも何とか使っていたのだが、
1週間ほど前に、
いきなりの初期化!
しかも、アクティベート(iPhoneを有効にする手順)を求められ、
さらにはそれには、SIMが必要!
私は日本ではauでスマホを使っていたが、
それは現在、電話番号を残して停止にしてきており、
SIMが反応しない。
しかも、SIMフリーになる前に購入したので、
フィリピンの通信会社のSIMでは読み込まない…。
アクティベート用のSIMがあるそうなのだが、
フィリピンでau用のSIMを売っているはずもなく…。
お手上げ状態!

iPhoneは、機内モードにして、
ポケットwifiでネットやメール、facebookを閲覧するのに使っていたが、
メール確認一つでも、パソコンを立ち上げる必要があり、面倒。

というわけで、
フィリピンでスマホを買ってみることにした!

もちろん、iPhoneを再度購入するという選択肢もあったが、
なんせ高い!
帰国後は、現在日本で流行りという格安SIMを入れて
電話として使いたいという考えがあったので、
安くて、日本語も打てる機種を買いたかった。

フィリピンの会社などが出しているものも検討したが、
日本語という点で、なかなか見つからない。
そんな時、たまたま地元ナガのショッピングモールで
ASUSのzenfone goという機種を発見!


これは、設定で日本語表示、日本語打ちもできるみたいだし、
何せ安い!
上記のアマゾンのサイトでは2万円台と、それでも安いが、
フィリピンでは定価3995ペソ(約8600円)と、
1万円以下で購入できる!
ASUS Pghilippines Store

協力隊員は、フィリピン政府から、
VATと呼ばれる消費税のような付加価値税を引いてくれるカードをもらっており、
そのVATカードが使いやすいマニラでの購入を、
虎視眈々と狙っていたのだった。=つづく

↓ちょっと長くなったので、分けようと思います。次回、スマホ購入編!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(2)

【vol.410】在外=ケンゾウ、投票をする

2016年06月28日
27日、
生まれて初めて、海外で投票をしてみた。
マニラの日本国大使館での参院選への在外投票(vol.405在外投票の方法まとめ)。
せっかくなので、体験ルポをお伝えしたい。

◇身分証明書
在外投票で必要なものは、
・在外選挙人証
・旅券等の身分証明書

の2つだ。
JICAドミトリーから日本国大使館へは、
バスか電車(MRT)で行くことができる。
しかし、人ごみでパスポート(旅券)を持つのは嫌…。
ちなみに、フィリピンでは、パスポートが手元にない場合、
・日本又はフィリピン国発行の運転免許証
・ACRカード
・PRAカード
・健康保険証
・年金手帳
・身体障害者手帳
・ご自身の出生証明書や、婚姻証明書
・重国籍の方は、外国旅券
の提示も可能。
というわけで、私が持っていったのは
フィリピン政府発行の運転免許証!
在外投票・免許証
【写真】=バイク隊員なので、フィリピンの運転免許証を持っています。身長・体重を書く欄は秘密で。笑

もちろん、これは身分証明書として、使用がOK。
ちなみに、JICAのIDや、フィリピン政府が発行する在留カードも、
身分証明として使えるということだった。

◇速達で日本へ
大使館に着くと、
カメラや携帯電話などの通信機器はすべて預かられる。
入る前に、記念に大使館の概観を撮影しようとしたが、
それもNG。
セキュリティは、なかなか厳しそうだ。

そして、まずは、私の本籍がある大分市選管へと送るための封筒の住所書きや、
名前、交付番号が必要。
そのためには、在外選挙人証は必携だ。

封筒の表には、赤字で「速達」の文字。
私はフィリピンで開票が行われると勘違いしていたが、
封筒に入れられて、速達で日本へと送られるようだった。

◇二重封筒
投票は、日本のように、
アルミの投票箱が中央に置かれているわけではない。
先ほどの速達用の封筒に加え、
さらに、中に投票用紙が入った、二重の封筒が渡される。
比例代表と選挙区の投票があるので、
渡される封筒は計4通。
2枚の投票用紙に、
比例代表は政党名(もしくは候補者名)、
選挙区は、自分の選挙区で立候補した候補者名を書く。
それぞれに封筒に入れて封をし、
さらにもう1通の封筒に入れる。
こうして、
2通の封筒を作り上げる作業が、
在外選挙における“投票”だ。


◇候補者ファイル
ちなみに、
日本ならば、記載台に候補者名が掲示され、
それを見て投票をする。
しかし、海外では全員が大分選挙区というわけではない。
ではどうするか。
海外では、案内係の方が、分厚いファイルを用意。
そこには
比例代表用の政党名と候補者名、選挙区用の候補者名の
全国一覧が載っている。

これを見て、それぞれが支持する政党や候補を選ぶのだ。
ちなみに、27日午前11時ごろのマニラ日本国大使館で、
投票人は私一人。
案内係さんや立会人さんたちが見る中、
投票用紙を見るのは、いささか緊張を覚えた。

◇比で投票は7月4日まで
ちなみに、フィリピンでは、公示翌日の今月23日から
在外公館(大使館や領事館)での投票が可能となった。
締め切りは、7月4日まで。
日本国内の投開票日である7月10日まで
投票が可能だと勘違いをしていたが、
実は1週間近く、締め切りが早いので要注意!

外務省在外公館投票によると、

投票期間は,選挙の公示日の翌日から日本国内における投票日の6日前まで


だが、
1票として有効なのは、
開票日の投票所閉鎖時刻(原則午後8時)までに届いたもの。
そのため、日本から比較的近いフィリピンは、原則どおりの6日前である7月4日が、
投票の締切日だが、
例えばアフリカ・ウガンダの場合、
2日早い、7月2日が在外公館投票最終日のようだ。ウガンダ大使館HPより)

大事なことなので2回言います。
フィリピンは大使館でできる投票は7月4日まで!

海外にいる日本人の皆さん、
ぜひとも参政権を行使しましょう!

↓フィリピンでは、マニラの大使館以外に、セブとミンダナオ島・ダバオの領事事務所でも投票できます。自分の国の在外公館投票実施公館を調べたい場合は、第24回参議院議員通常選挙に伴う在外公館投票実施公館に伴う在外公館投票実施公館
を参照!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.409】焦燥=全体的に焦りがにじむ

2016年06月26日
今月も、25日が過ぎました!
絶賛マニラ生活が続いておりますが、
隊員通信「月刊やまじタイムズ」第18号の更新です!

月刊やまじタイムズ第10号1面
月刊やまじタイムズ第18号1面

月刊やまじタイムズ第10号2面
月刊やまじタイムズ第18号2面

書き終わって気づいたのが、
全体的にトーンが暗い!
一面トップの「後任隊員を正式に要請」に関しては、
なるべく明るいトーンで書こうと思ったが、
やはり、
「できていないからこその後任隊員」
ということで、ちょっと暗め。
下には、その解説記事も載せた。

裏面トップの「木酢プラント 進まぬ予算執行」に関しても、
やはりトーンはかなり抑え気味。

背景として
やはり、どんどんと帰国が近づいていることへの焦り
が挙げられるだろう。
それまでに、いろんなプロジェクトを進められるのか、という焦り。
もう、今月末には、3ヵ月前に着任した先輩隊員が帰ってしまい、
私たちの代が最古参隊員となってしまう。

うーん、いろいろとやりたいことはあるんだけど。。
焦りばかりが募ります。

月刊やまじタイムズ第18号PDF版はこちらから。

↓過去の月刊やまじタイムズはこちらから。
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号


↓最近、ブログのランキングで結構上位を維持しています。皆様、毎回のクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.408】円高=高レートで替えてみた

2016年06月26日
皆さん、フィリピン来るなら今ですよ!?

節約生活を、と思っていたマニラ滞在だが、
やはり、いればどんどんお金は出て行くもので…。
しかし、今、われわれフィリピン協力隊員には、
強い味方がついているのだ。

それは
円高!

今はすごくレートが良いので、
せっかくの機会、日本から持ってきたまま使われていなかった、
日本円をフィリピンペソに両替してみた。

向かったのは、マカティにあるショッピングモール、
グロリエッタ4の地下1階駐車場前にある、両替商、
Sanry's Money Changer=写真①
円高・両替商
【写真①】(6月25日)

ここは、協力隊員もおススメで、
ネットで検索しても「レートが良い」「インチキがない」と
評判のところだった。

ちなみに、私たちが赴任した2014年10月7日のレートは、
1ペソが2.42円、1万円が4128ペソ。
しかし、その後円安が進行。
2015年6月1日には、
1ペソ2.80円、1万円が3571ペソまで減っていた。

それが、イギリスのEU離脱などで、円高傾向が進み、
なんと、きのう6月25日には
1ペソ2.10円、1万円が4599円に!

そして、いざ両替!
果たして、交換レートは…。
円高・レシート
【写真②】=Sanry's Money Changerからもらったレシート(6月25日)

1ペソ2.20円、1万円が4530ペソに!
うん、悪くない!


単純計算をすると、
昨年6月のレートと現在のレートを比べると、
1万円を変えても、1000ペソ近い差になる!
フィリピンで1000ペソの差は、
月325ドルの生活費で暮らすフィリピン隊員にはでかい!
特に、ホームステイをしている私は、食費が掛からない。
毎週の洗濯のお手伝いさんへの支払い100ペソ+洗剤代、
お酒くらいしか支出することがないので、
暮らそうと思えば、1000ペソでもいける!
※マニラなら一晩でヒュッと飛んでいきますが…。

というわけで、フィリピンに来るなら今がチャンス!
皆さんのお越しをお待ちしております!

↓まぁ円高の恩恵はフィリピン旅行だけではありませんが。笑 でも、ぜひともお越しください!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)

【vol.407】自炊=節約するはずが裏目に

2016年06月24日
ただいま、旅行に行くために、
その準備でマニラに滞在中。
ちょっと準備に手が掛かっていて、1週間も滞在しないといけない。
マニラは、本当に何でも手に入るし、
美味しいものもたくさん!
・・・ただ、
油断をすると、
旅行前にお金がなくなる可能性もある!
いろいろお誘いもいただいているし、
3ヵ月に一回の生活費支給前。
節約のためにも、JICAのドミトリー(寮)で自炊をすることにした。
任地ではあまり食べさせてくれない野菜を多めに摂取したい。
あと、外食すれば食べ過ぎるので、
ダイエットに、食べる量を減らしたい、という狙いもあった。

そして、ドミトリー近くのスーパーマーケットに買い出しに。
野菜とか、食材を見てみると…

げっ、任地より高い!

野菜とかは、質が良いのだろうけど、
任地より2、3割、少し高め。
これじゃあ、節約にならない。。

そうしてみていると、すごく安い食材が。
カンコン!
いわゆる、空心菜だ。
なんと、1束(1キロあるかな?)で10ペソ!
これは安いし、
煮ても炒めても美味しい食材なので、
これを使って料理をすることにする。

選んだ料理は、シニガン。
タマリンドの少しすっぱいスープだ。
こちらのクノールは、シニガンミックスも出しているので、料理も簡単。
さっそく、そのミックスを使って、
カンコン、ジャガイモ、オクラ、豚肉をゆでてみる。

初めてのシニガンスープが完成!
初めてのシニガン
【写真】=大量のカンコンやオクラを入れて煮込んだシニガンスープ(6月24日)

これが、
お手軽でうまい!
ただ、野菜や肉を煮込んで、ミックスを混ぜるだけ。
思ったより味が濃かったので、ちょっと酸っぱくなりすぎたが、
初めてにしては、結構うまくいったかと思う。
ドミトリーにいたほかの隊員や、ドミトリーのお手伝いさんにも
おすそ分けをしたが、
おおむね好評だった。

しかし、さらなる誤算が…。
シニガンは、ちょっとご飯に掛けて食べれば、
日本の雑炊のような感じで好きだ(vol.104鍋の後の雑炊のような)。
ということは…
コメがすすむ!

ついつい、お代わりしちゃいました!
ダイエットの意味ないじゃん!笑

まぁそんなこんなで、
楽しいマニラ生活を送っております。

↓あとは、任地で買ったけど使う機会の少ないパスタなどを持ってきています! 何とか食いつなぎます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピングルメ | コメント(0)

【vol.406】調理=家族よ日本食を作ろう

2016年06月22日
日本から協力隊員を訪ねて
任地を訪問してくれるパターンがある。
それは、遊びに来てくれた友達であったり、
たまたま仕事で来たついでに寄った仕事仲間であったり、
活動の様子を見に来た家族であったり。

友達や知人の場合、
協力隊員は全力でもてなすだろう。

もちろん、家族が来た場合も、もてなしはする。
ただ、家族が来た場合は、ちょっと来訪の意味が異なると思う。
隊員の健康を気遣ったりする一方で、
「いつも○○のことを面倒見てくれてありがとう!」
という、
家族としての感謝を示す場でもあると思う。
そんな感謝の示し方として、すばらしい例に触れたので紹介したい。

同じ南カマリネス州に派遣される、赤井希隊員(のんちゃん)。
彼女の両親が任地を訪れているというので、
のんちゃんの任地、カナマンを訪れた。

カナマンの配属先に着くと、のんちゃんのお母さんを中心に
日本食を調理していたのだ。
任地のお世話になっている人たちを招き、振る舞うのだという。

この日のために、お母さんは、
カレーのルーやちらし寿司の素、寿司酢、出汁、みりんなどを持参。
それを使って、
・カレー
・ちらし寿司
・肉じゃが

を作ってくれたのだ。
カナマン日本食メニュー
【写真①】=この日作ったカレーと肉じゃが、ちらし寿司(6月19日)

私も微力ながら、
ちらし寿司の錦糸卵と、カレーを担当。
フィリピン人の反応は…。

みんな笑顔!
カナマン日本食笑顔
【写真②】=笑顔を見せるのんちゃんの任地カナマンの人たち(6月19日)

ちらし寿司の上にカレーをかけてしまう人がいたり、
カレーがディノグアン(豚の血を煮込んだスープ)と間違われたりする
ハプニングはあったが、
みんな、「美味しい」と言ってくれたし、
喜んでくれた。

また、のんちゃんのお父さんお母さんがすばらしかったのは、
正月などに使う、干支などの絵が入った箸も持ってきていたこと。
スプーンやフォーク、
何なら手でご飯をつかんで食べる彼らにとって、
視覚的にも日本的な絵柄で面白かっただろうし、
日本文化体験にもなっただろう。

お父さんお母さんからの感謝の言葉では、
感極まって泣き出す同僚がいるなど、
笑いあり、涙ありの楽しいパーティとなった。

カナマン日本食集合
【写真③】=赤井ファミリー(左2人目から3人)とカナマンの人たち(6月19日)

家族が、任地の人たちに感謝の気持ちを伝えてくれると、
その後の活動がしやすくなる面もある。
ただ、言語の壁もあり、言葉にするのは難しい。
ぜひ、
そのためにも、日本食を振る舞う!
任地訪問を検討されている家族の皆様、
ぜひご検討を!

↓任国の首都の日本食材店で買えば高い品も、日本で買って持って行けば安いですからね! ちなみにフィリピンでは、お好み焼きやたこ焼きなどのソース系が受けます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
国際協力・ボランティア | コメント(0)

【vol.405】公示=在外投票の方法まとめ

2016年06月21日
あす22日、
第24回参議院議員通常選挙(7月10日投開票)が公示される。
国政選挙であるため、
海外にいても、投票をすることができる。
アベノミクスへの評価、18歳からの選挙権、野党共闘…。
さまざまな話題がとりまく同参院選。
青年海外協力隊などJICAボランティアが行使しえる、
在外投票の方法についてまとめてみた。

◇在外選挙人証
海外にいながらにして選挙で投票をするには、
在外選挙人登録が必要だ。
これは、3ヵ月以上の居住をした人が登録申請をすることができる。
外務省:在外選挙人名簿登録の流れ参照
そのため、
フィリピン赴任2ヵ月だった2014年12月の衆院選は、
私は選挙権を行使することができなかった。
vol.8大事な一票は露と消え
しかし、その後の15年2月に選挙人名簿に登録。
晴れて海外からでも投票ができるようになった。
すると、以下のような
在外選挙人証
が日本国大使館から送られてくる=写真。
在外投票まとめ
在外投票をするには、この在外選挙人証が必要だ。

◇投票方法は大きく3つ
在外投票には、3つの方法がある。
そのうち、「日本国内における投票」は、
その期間に一時帰国しているか、
在外選挙人名簿に登録される前の人が対象。
そのため、協力隊員の多くはこの投票方法は取れない。

とれるのは
郵便投票

在外公館投票
の二つとなる。

◇郵便等投票
これは、海外でも地方に住む人向けだ。
まさに、協力隊員向け!

これは、大使館宛に、
投票用紙等請求書を送り、
投票用紙を手に入れ、
郵送で投票ができるというシステムだ。
選挙期日の日本時間午後8時までに投票所に到達したものが、
正規の一票となる。

ただ、フィリピンの場合か分からないが、

○ 投票用紙を請求してから、投票用紙が送付され、投票用紙に記入後、投票用紙が選挙管理委員会に届くまで、少なくとも3週間は必要です。郵便投票にて投票をお考えの方は、今すぐに投票用紙を請求してください。
             5月23日、在フィリピン日本国大使館からのメール引用


とある。
もうこれは間に合わない!?

◇在外公館投票
あとは、近くの在外公館に行くパターンだ。

フィリピンの場合、
マニラの大使館と、セブとダバオ(ミンダナオ島)の領事事務所で
投票ができる(在フィリピン日本国大使館)。
その際、在外選挙人証と、パスポート、
もしくはほかの身分証明書(日・比の運転免許証や年金手帳など)が必要となる。
そうすれば、日本と同じように投票をすることができる。

◇海外でも権利行使を
私は運よく、今週からマニラに滞在する予定があるので、
合間を見つけて、マニラの大使館で投票をしてみたいと思う。

せっかくの与えられた参政権。
海外にいるから関係ない、ではなく、
海外にいるからこそ、見えてくる日本のあり方があるはず。
ぜひとも海外にいる協力隊の皆さん、
参政権、行使しましょう!

↓大分選挙区、誰が出るかもよく分かっていませんが…。投票するまでに、大分合同新聞などで、各候補の主張を見てみたいと思います!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.404】国技=バスケもいいけど仕事を

2016年06月20日
きょう20日は朝から、
配属先の皆さんはテレビに釘付け。
というのも、この日は、
2016米バスケットボール・NBAプレーオフの最終戦!
この日までに、イースト1位のキャバリアーズと ウエスト1位のウォリアーズが
3勝3敗の五分で、試合は最終戦へ。
だから、
この日勝ったほうが優勝という、超重要な試合なのだ!
NBAファイナル
【写真】=テレビのNBAの試合に釘付けになる同僚たち。映り悪いのに…(6月20日)

試合は、2点シュートを決めれば、
相手はスリーポイントを決めるという
本当にシーソーゲーム!
これは、バスケにそんなに詳しくない私でも、
手に汗握る試合だった!
残り時間30秒くらいまでは、同点だったんじゃないかな?
結果は、
キャバリアーズが93対89でウォリアーズを下した。

フィリピンでは、
バスケは国技じゃないか?
っていうくらいの人気。
※実際の国技は、棒での格闘技だったり、セパタクローだったりするらしいが、
 詳細は不明。。
一日中、職のない若者たちがバスケに興じていたり、
アニメ「スラムダンク」が人気だったり。

で、どうも今回は、
どちらが勝つか、賭けがあったみたいで。笑
ホストファザーは、
「賭け金が足りないから、家賃前借りでちょうだい!」
って言ってたし。笑
それもあって、かなりの熱気になったのだろう。

午前中は、こんな感じで終了。
そして午後。昼休憩を終えて職場に戻ると、
まだ、同僚たちは浮かれモード。
まだ終業まで2時間も3時間もあるのに、
完全に飲む気満々。
「ケンゾウ、飲むぞ!」と、
どこかからもらってきたキューリをつまみにするつもりらしい。

ただ、
仕事しようよ…。
木酢の工事も、全然進んでいないじゃん。
本当に、いつ仕事しているんですかね、あなたたち!

しかも、
酒は私の財布を当てにしていたようで。
たかりは嫌いなので(vol.397たかりの文化生ませず)、
誘いは無視!
そうすると、
結局、誰も酒を買いに行こうとせず、
飲み会の話は立ち消え。
「ケンゾウは怒っているのでは」「ノリが悪い」
とヒソヒソ話しているのが見えたけど、それも無視!

…何だかなぁ。

↓ちょっとイライラしたので、早めに家に帰ってきました。盛り上がるのはいいけど、オンオフはしっかりしてほしい!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン文化 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。