10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.460】韓国=立ち呑みスタイル体験

2016年08月31日
27日は、
韓国版協力隊KOICAボランティアと一緒に、
ワークショップに参加(vol.458古い文字を習ってみた)。
私が描いたビールの絵を発端(?)に、
みんなでビールを飲みに行くことになった。
(最初から、この飲み会含めてワークショップ参加を決めたことは秘密)

1軒目は、
日本食、韓国料理、メキシカンがいっぺんに食べられるというお店へ。
まぁ、日本食は、
フィリピン来たばかりだったら
「あぁ、こんなのが食べられるなんて!」と感動するだろうが、
「まぁまぁ、海外ならこんなものかな」という味。
KOICAに教えてもらったが、彼らも
「韓国料理は微妙」との評価。
この後、ベジタリアンのオーストラリアボランティアが合流したため、
別のサラダなどが充実した店に移動。
その後、
KOICAメンバーと私だけで、3軒目へと移動した。

どこか、KOICAで行きつけの店があるのかなーと思っていたら、
「Kマートに行こう」
とのこと。
Kマートは、
韓国食材を中心に、ちょこっと日本食もおかれた食材店。
私も、韓国のラーメンやキムチを買いに、
よく訪れていた店だ。
しかし、飲み屋じゃない。
「この奥に、何か別の店あったかなー」と思ったら、
違った。

Kマートで飲むのだった。
KOICA飲み
【写真】=韓国のりやラーメンなどに埋もれたスペースで飲み始めるKOICAボランティアたち(8月27日)

彼らは、辛いラーメンを買ってお湯を投入。
キムチと豆腐を買い、
豆腐は店内の電子レンジで温めて、ドゥブ(豆腐)キムチに。
さらには、韓国焼酎(ソジュ)や、どぶろくのマッコリを買い…。

こういう飲み方、大好き!笑

何だろう、日本で言うと、
立ち呑み屋的な。
大学生時代、確か東京・新橋のガードレール下だったと思うが、
日本中の缶詰めを集めて、
それをつまみに飲ませてくれた店があったが、
そんな感じ。

すぐにソジュは飲み干し、もう1本。
おっと、キムチが切れちゃったね。
いやいや、今度は私が買ってきますよ!
この韓国のスナック、知ってます?
最後はアイスが食べたーい!

またやりたい! Kマート飲み!

↓日本食材店でも、こういうことやってくれないかな? 日本酒をちょっと燗つけて、あてはタコワサビに明太子。あれ、佃煮なんかあるじゃない、ダメだよ、そんなところに隠しちゃ。最後は焼きそばで〆て・・・ね。
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピングルメ | コメント(0)

【vol.451】菓子=ほろ苦い、揚げバナナ

2016年08月23日
おっと、きょうも出てきたよ。
ミリエンダ(おやつ)タイムの
揚げバナナ。
バドゥヤ
【写真】=ミリエンダによく出てくる揚げバナナ(8月23日)

これ、タガログ語では何て言うかわかんないけど、
ビコール語では
「バドゥヤ」
って呼ぶんだな。
生で食べるにはちょっと硬い種類のバナナに衣をつけて、
油で揚げるとあら不思議。
これが甘くなるんだな。
揚げたてなら、衣がちょっとパリッと口の中で割れたりして、
中のバナナがドロッと口の中にあふれ出す。
なぜかこれが、うちの配属先の定番。

この甘くて油っこくてたまらないおやつだが、
私にとっては、ちょっとほろ苦い思い出の味。

ずっと不遇をかこち続けていたこの半年ほど、
本当に何もすることがなかった。
木酢を進めてくれと言ってもダメ。
バランガイ(村)に出るにも許可が出ない。
何もすることがなく、ネットサーフィンやスマホをいじって
終業時間を待ち続ける日々…。
だから、
「ケンゾウ、コーヒーブレイクだ。バドゥヤがあるぞ」
と言われても、
「何のためのブレイクだよ」
と独り言つ日々。
ついには、
「ケンゾウ、バイクを持っているのがお前だけだから、
 バドゥヤを買いに行ってくれないか?」

なんて、おつかいに出されたりしてさ。
「こんなことのためにフィリピンに来たのかな?」って
バナナを噛み締めながら、何度も自問自答したよね。

でも、帰国まで45日となり、
やっと、やりたい仕事ができるようになった。
木酢のことを気にかけながら、
バランガイで実施するための有機農業セミナーの資料作り。
あすからはバランガイを回りつつ、
始まり次第、木酢の工事監督もしなければならない…。
もちろん、サヨナラパーティはいたるところで呼ばれているし、
最後の活動報告書もまとめなければならないし、
730日(2年間)も任期あるんだから、
もうちょっと分散して仕事させてよ。笑


おっと、そうこう書いているうちに、
またミリエンダに呼ばれたぞ。
はいはい、今行きますよ!
あら、またバドゥヤかい。
帰国前に少しは身体を絞ろうとしているってのに、参ったねぇ。
仕方ない。半分だけ。
うん、コーヒーに合うな。
あれ、もう食べ終わってしまったよ。
半分なんて一口だね。
仕方ないなぁ…。

↓残りは45日。ブログ更新の目標500回まであと50回弱。忙しくなると、書けなくなる日もあるだろうし、帰国後研修まで含めてご紹介、ってことに目標変更しようかな? …って、バドゥヤのように、自分に甘すぎ?
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピングルメ | コメント(1)

【vol.431】婦羅=家族が和食にはまった

2016年08月02日
21~26日の日程で、
家族がフィリピンを訪れた。
そのうち、
22日は、任地ティナンバックまで来てくれた。
ティナンバック山路家
【写真①】=母親と妹を囲んで、職場の同僚たちと(7月22日)

水風呂、紙のないトイレ、ハエの多い住環境…。
日本に比べてつらい環境の中、
まずは生活していることを感心してくれた。

ティナンバックでは1泊したのだが、
夜は、同僚やホストファミリーの親戚を招いた歓迎会。

この日は、フィエスタで出るようなフィリピン料理が並んだ。
任地和食1
【写真②】=豚の揚げ物や春巻き、魚・ティラピアの焼き物などが並んだ歓迎会。スポンサーは私(7月22日)

20人以上が集まってくれ、本当ににぎわった。
任地和食2
【写真③】=多くの同僚や家族が集まった。この撮影後は、ジン大会…(7月22日)

歓迎をしてもらったので、
翌日は、日本食を振る舞った。
以前、同期の赤井隊員の家族が来たときの光景(vol.406家族よ日本食を作ろう)を見て、
「ぜひ、うちの町でもやりたい!」と思ったからだ。

メニューは、フィリピン人の味覚を考え、
・鶏飯(大分の郷土料理)
・鶏天(同じく郷土料理)
・から揚げ(フライドチキン大好き)
・ぜんざい(甘いの好きだしね)

と決定。
そのほか、現場でおコメや天ぷら粉が余ったので
・野菜の天ぷら(配属先で育てた有機のナスやオクラ)
・おにぎり(日本米にふりかけで)

も作った。
任地和食3
【写真④】=母(左)からおにぎりの作り方を学ぶナナイ(7月23日)

結果は…
任地和食4
【写真⑤】=日本食を楽しんでくれる現地の友人たち(7月23日)

結構大好評!

中でも、人気だったのが、
余った食材で作った天ぷらとおにぎり。笑

天ぷらは、「野菜を食べさせるのにいいね!」となり、
おにぎりについては、
「去年のケンゾウの誕生日のまずいパスタより、
 こっちが簡単だし、美味しいし、良かったんじゃない?」
vol.306比で受ける和食はこれ
と言われる始末。笑
まぁ、土曜日だったから集まりが悪かったが、
おおむね好評だったので、
やって良かった日本食パーティ!

ただ、これには後日談があり、
何と、今まで日本食に興味を示さなかったナナイ(ホストマザー)が、
天ぷらを作ってくれるようになったのだ!
任地和食・天ぷら
【写真⑥】=ナナイが作ってくれた天ぷら(左)と春巻き(7月29日)

作り方は、
ナスやオクラ、かぼちゃなどに、
小麦粉と卵、マジックサラップ(フィリピンのうまみ調味料)で作ったタネを掛け、
揚げるというもの!
おー、しっかり天ぷらだ!
これに、私の家族が残していったお好みソースを掛けて食べる。
結構、味もしっかりしている。

しかし、この天ぷらが出てくる時間。
ほぼ毎朝食なんですけど…。笑

ナナイは商店を経営しているので、
食事を作るのは朝食のみ。
昼食と夕食は、
娘のジャジャが作るか、近所の食堂で買ってきてくれる。

でも、
朝から天ぷら、結構きついよー!
しかも、この天ぷらに合わせるのが、
梅ワカメ味のふりかけ入りのチャーハン!笑
こちらも、もちろんオイリー。

帰国に向け、ちょっとずつ白飯を食べる量を減らし、
少しずつ減量しようと考えているが、
ちょっと、この食生活じゃあ、ダイエットは帰国後だな!

↓会った人、会った人(日本人、フィリピン人問わず)に「太ったな!」と言われますが、この環境で太らないことがあろうか!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピングルメ | コメント(0)

【vol.407】自炊=節約するはずが裏目に

2016年06月24日
ただいま、旅行に行くために、
その準備でマニラに滞在中。
ちょっと準備に手が掛かっていて、1週間も滞在しないといけない。
マニラは、本当に何でも手に入るし、
美味しいものもたくさん!
・・・ただ、
油断をすると、
旅行前にお金がなくなる可能性もある!
いろいろお誘いもいただいているし、
3ヵ月に一回の生活費支給前。
節約のためにも、JICAのドミトリー(寮)で自炊をすることにした。
任地ではあまり食べさせてくれない野菜を多めに摂取したい。
あと、外食すれば食べ過ぎるので、
ダイエットに、食べる量を減らしたい、という狙いもあった。

そして、ドミトリー近くのスーパーマーケットに買い出しに。
野菜とか、食材を見てみると…

げっ、任地より高い!

野菜とかは、質が良いのだろうけど、
任地より2、3割、少し高め。
これじゃあ、節約にならない。。

そうしてみていると、すごく安い食材が。
カンコン!
いわゆる、空心菜だ。
なんと、1束(1キロあるかな?)で10ペソ!
これは安いし、
煮ても炒めても美味しい食材なので、
これを使って料理をすることにする。

選んだ料理は、シニガン。
タマリンドの少しすっぱいスープだ。
こちらのクノールは、シニガンミックスも出しているので、料理も簡単。
さっそく、そのミックスを使って、
カンコン、ジャガイモ、オクラ、豚肉をゆでてみる。

初めてのシニガンスープが完成!
初めてのシニガン
【写真】=大量のカンコンやオクラを入れて煮込んだシニガンスープ(6月24日)

これが、
お手軽でうまい!
ただ、野菜や肉を煮込んで、ミックスを混ぜるだけ。
思ったより味が濃かったので、ちょっと酸っぱくなりすぎたが、
初めてにしては、結構うまくいったかと思う。
ドミトリーにいたほかの隊員や、ドミトリーのお手伝いさんにも
おすそ分けをしたが、
おおむね好評だった。

しかし、さらなる誤算が…。
シニガンは、ちょっとご飯に掛けて食べれば、
日本の雑炊のような感じで好きだ(vol.104鍋の後の雑炊のような)。
ということは…
コメがすすむ!

ついつい、お代わりしちゃいました!
ダイエットの意味ないじゃん!笑

まぁそんなこんなで、
楽しいマニラ生活を送っております。

↓あとは、任地で買ったけど使う機会の少ないパスタなどを持ってきています! 何とか食いつなぎます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピングルメ | コメント(0)

【vol.392】貝類=ボンゴレを作ってみた

2016年06月07日
先週末の話。
親戚の不幸で、急きょ出かける必要があったホストファミリー。
そうなると、ご飯の用意がない…。
そこで、急きょ、私の中の
「調理したい熱」が着火。
どうも、今はアサリが旬であるようなので、
先日のアサリの酒蒸し()の応用版である
ボンゴレを作ってみることにした。

で、できたのがこちら。
ボンゴレ・パスタ
【写真①】=完成したボンゴレ(4日)

なかなかおいしそうにできたでしょ?
ちょっと、トウガラシを多く入れすぎて辛さはあったものの、
なかなか美味しい一品であった。

ただ、作るのが大変。
まず、湯を沸かすまでに1時間。
理由は、
ガスコンロなんてない、炭火しかないから!ボンゴレ・湯
【写真②】=やっと湯が沸いたところに、パスタ麺を投入(4日)

お湯を沸かせたら、
塩を軽く振ってパスタ麺を投入。
そして、重要なのが、
ちょっと芯が残った状態で、麺を上げること。
理由は、炭コンロが一つしかないから!


麺が茹で上がったら、今度は
ニンニクとタマネギを炒め、
アサリを投入。
大方の殻がふたを開けたら、酒を掛けてすぐにフライパンにふた!
そして、十分にアサリのうまみをすったスープが染み出たら、
そこに、ちょっと膨らみかけているパスタを入れて、なじませる。
完全に自己流でやってみたが、
これがなかなか美味しい。
これは今シーズン、もう1回は食べたいボンゴレ。

あとは、アサリを1キロ(60ペソ=約140円)買ってしまい、
多かったので、半分は、アサリのすまし汁に。
カンコン(空心菜)の葉とショウガ、
あとはかつお節でだしをとって、しょうゆで味付けをしてみた。
そうすると、今度はカンコンの茎の部分が余ってしまったので、
それはニンニクと炒めて、しょうゆをふり、
香り付けにごま油(中国製で、これがなかなかいける)をかけて、
カンコンの炒めに。
アサリのすまし汁とカンコン炒め
【写真③】=アサリのすまし汁(右)とカンコンの炒め(4日)

すまし汁は、日本のしょうゆを使ったからか懐かしい味がし、
さらにカンコンはビールにぴったり!
もうおなか一杯、お酒も進む!

身内の不幸に端を発した調理だったが、
最高の週末を送らせていただきました。

↓いやー、やっぱり自分の好きなものを食べられるって、自炊のいい点ですよね。今後、週末だけでも自分で作らせてもらおうかな?
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピングルメ | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。