06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告

【vol.502】最終=今回でタイムズ終わり

2016年11月08日
ご無沙汰しておりました!

6日でフィリピンから帰国して1カ月。
この間、
同期隊員に会いに行ったり、
派遣中に応援してくださった方々へあいさつ周りをしたり、
ハローワークで雇用保険の手続きをしたり、
再就職へ向けて応募をしたりと、
何だかんだで忙しい日々を過ごしている。
この1カ月で経験したことなど、
ブログでも書き留めておきたいと思う。

そして、とりあえず一つの懸念が完了。
ずっと続けていた、
隊員通信「月刊やまじタイムズ」最終号を執筆しました!

月刊やまじタイムズ第21号(最終号)1面
月刊やまじタイムズ第21号1面
月刊やまじタイムズ第21号(最終号)2面
月刊やまじタイムズ第21号2面


過去の投稿はこちらから↓第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号


21号PDF版はこちらから↓
月刊やまじタイムズ第21号(最終号)Yamaji KenzoDocs.com


いろいろと書きたいことはあったが、
まず1面でこの2年間の活動の結果を総まとめ。
2面では、家族や同僚たちとの関係性について書いた。
とりあえず言いたいことは、
すぐにでも、ティナンバックに帰りたいということ!
そのためにも、
まずは無職状態から抜け出せなければ!

↓これからも、このブログ「ココナッツの樹の下で」は、不定期で更新していきますので、よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.463】苦悩=隊員通信も残りわずか

2016年09月02日
体調不良や、
木酢の工事の進捗状況と相談しなければならなかったり、
書く時間がある日に限って停電が起こったりなどして、
なかなか発行できていなかった
月刊やまじタイムズ第20号!
1週ほど遅れての発行です。

月刊やまじタイムズ第20号1面
月刊やまじタイムズ第20号1面

月刊やまじタイムズ第20号2面
月刊やまじタイムズ第20号2面

今回はもう、
木酢特集!
といってもいいほど。
本来なら、大きく1面トップの見出しで、
「木酢仕上げ工事がスタート」
と打つ予定が、
結局、約束の8月中の工事開始といかず。
結局、JICAの仲介でメイヤー(町長)の秘書と協議し、
9月の第4週までに工事、セミナー、お披露目式典を開くこと(vol.444第三者の存在、刺激に)を、
1面のトップとした。

一方、裏面は、
これまでの木酢の流れを時系列で。
いやー、振り返ると、
「こんなことあったなぁ」とか
「本当、いつまで待てばいいんだよ」とか
いろいろと思うことがあり。
自分でも、良い復習になった。

この隊員通信の発行も、
今月27日にマニラ上京した段階と、
10月6日の2回くらいかなー、書けるの。
もし楽しみにしてくださる方が万一いたら、
あと少し、お付き合いください!

↓PDF版はこちらから。
月刊やまじタイムズ第20号Yamaji KenzoDocs.com


↓過去の投稿はこちらから。
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号


↓コミュニティ開発の研修で「JICAへ提出する報告書は文字数制限あるから、ブログ書きなさい、隊員通信書きなさい」と言われたことをきっかけに、ブログは500回更新を目標に、隊員通信は20号を超えました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.455】貧困=見誤りやすい家計問題

2016年08月25日
NHKのニュース番組で登場した「貧困」という女子高生が、
「本当は贅沢な生活をしているのではないか」と、
ヤラセ疑惑が浮上しているようだ。
NHKで貧困女子高生特集 パソコン買うお金が無くキーボードで我慢 贅沢三昧が発覚
このニュースを見ていて、
記者1年目に取材した障害者医療制度にまつわる話を思い出した。

当時、研修も兼ねて福岡県庁記者クラブで取材をしていた。
その際、県の制度見直しにより、
重度障害者への医療費助成制度の見直し案が県議会に上がっており、
その抗議活動の模様を取材。
後日、その抗議活動の取材で聞いた、
ある障害者の方の家計情報を基に、
解説記事を書くようにキャップから指示をもらった。

詳しい数字は覚えていないが、
月に障害者年金がいくらで、
そのうちいくらを医療費に回しており、
通院のための交通費がいくらで…などと
細かい数字が出されていたはずだ。
「こんな額で生活されているのか」―。
私も、取材するペンに力が入った。

後日、再度その他の点でその方に問い合わせをすると、
どうも食い違った点を感じた。
その方は、口を動かすこともできないほどの重度の障害をお持ちだったので、
そのお世話をされている方に聞くと、
「その数字は、一般的な障害者の方の
 生活モデルを表したものです」。

つまりは、その方自身の生活の生の数字ではなかったというのだ。
詳しく聞きなおすと、それでも十分苦しい生活をされていたが、
そこまでの数字ではなかった。
結局、別の方の生活を紙面では取り上げた。

その障害者の代表の方は、
決してうそをついていたわけではない。
私の取材が甘かったというだけだ。
ただ、このような取材は、
預金通帳を見せてください、この1週間で使ったレシートを見せてくださいと、
言うわけにもいかず、
取材を受けてくれた方のエピソードを信じるしかない。
そういう意味で、取材の中で、
「1000円のキーボードを買って練習した」
というエピソードが出てくれば、
この女子高生がやらせを言っていたかどうかは別にして、
記者としては、そこにどうしてもフォーカスせざるをえないだろう。

そういう意味で、協力隊員も、よく家計調査というのは、
その任地の状況を調べる中で、取り組む調査の一つだ(vol.207より1ペソでも稼ごう)。
そこで、フィリピンの場合、バランガイ(村)に行ってみて、
「おー、みんな携帯電話を持っているじゃないか!
 貧しくないんだ!」
と言ってしまっては、間違い。
フィリピン人の携帯保有率は高いが、
プリペイド式のため、ロードがなくて、自分からは掛けられない人が多い。
携帯は、受信専用か、ゲーム専用。

その一方で、
例えば聞き取りなどで
「うちの家族は月収が5000ペソだ」と言っても、
素直にその数字があるか分からない。
例えば、ココナッツ農家ならば、45日に一度収穫できる。
だから、44日は無収入となってしまう。
そのような農家に「一月当たり」と尋ねても、
なかなか正確な数字は出てこない。
適当な数字を言うか、一番良いときの収入を答えるか。

だから、大事なのは、
細かい数字にこだわるのではなく、
貧しいかどうかという状況にこだわるべきなのではないか。
私も、任地ティナンバック町において、
一家庭当たりの月収が6880ペソ
という数字は多用しているが、
じゃあ活動をする上で、6900ペソを目指すとかそういう意味で使うのではなく、
あくまで、参考情報の一つ。
数字に踊らされてはいけない。

その点、NHKのニュースは
「子どもの貧困」について目を向けてもらいたいというのが狙いであり、
あくまでキーボードの値段などは、参考情報。
その数字に踊らされないようにしたい。

↓数字って、よくも悪くも、一人歩きしちゃうんですよね。もちろん、時には具体的な数字だからこそ、生々しく伝えられる場合もありますが…。
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【連載『タイに行ったッタイ!』⑪vol.433】商売=好きをビジネスにする

2016年08月03日
先月行ったタイ旅行。
後半は、タイに住む友達に会うのがメーンの一つだった。

その一人、タイ人の彼。
同じ立命館アジア太平洋大学に通っていたのだが、
その頃は、
一緒に演劇をする授業でデスノートを演じたり、
モツ鍋を食べたことがないというので、一緒に鍋パーティをしたり、
誕生日ケーキに、お約束のように顔を突っ込んだり。

一緒にバカをした、いわば同志だった。

彼は大学卒業後は日本で就職していたが、
転職して、タイに帰っているとは聞いていた。
facebookで日本に来ると聞いたときは連絡を取っていたが、
結局会えずじまい。
気づけば、2007年に大学卒業してから9年ぶりに
タイで会うことになったのだ。


そんな、一緒にバカをしていた彼だが、
タイでは、2つの会社を経営する社長になっていた。
ジェイとの再会
【写真】=カフェで仕事をするタイ人の友達。かっこいい…(7月6日)

まさか、一緒にバカを言い合っていた彼の口から、
「固定費がさぁ」なんて言葉を聴くなんて。笑

彼は、本当に日本大好き。
だから、一つ目の会社は、日本食のコンサルタント会社。
「週に1回は日本食を食わんと死ぬからな」と話す、彼らしい会社だ。

二つ目も本当に彼らしい。
「日本語はアニメで覚えた」と豪語する彼は、
アニメやゲームのイベント会社も営む。
だから、「クールジャパン」などのイベントがバンコクであれば、
多くに彼の会社が関わっているようだ。

本当にかっこいい!

そんな彼がこんなことを言っていた。
「二つとも、社長はやりたくないねん。
 好きなことをしていたら、ビジネスになっただけだから」


もちろん、タイという環境もあるだろう。
しかし、今や日本でも1円の資本金で会社がつくれる。
理事を3人、幹事を1人置けばNPO法人をつくれる。
やろうとしているプロジェクトに資金が足りなければ
クラウドファンディングなんて手もあると思うし、
地方に行けば安い家賃で住む家もあるだろうし、
ブログを書いて広告貼って食っていくなんてこともできるだろう。

自分の好きな分野で、好き勝手に生きる。

今年の春にした誓い(vol.353非営利で仕事する覚悟)を地で行く友達の姿に、
励まされた。

既存組織に生き方を当てはめていくのではなく、
好きな生き方から選択肢を広げていく。
そんな生き方したいなぁー。


ちなみに、彼の目標は、
「仕事を従業員たちだけで回せるようにして、
 一日、ゴロゴロとゲームして暮らしたいんだよ。
 タイのオタクの王になりたいんだよ」
とのこと。

オタクの王目指して頑張れ!

↓パッとおごってくれたり、すごい車に乗ったりしていましたが、「スーツって嫌いやねん」と短パンに履き替える彼。変わってなくて安心した!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)

【vol.418】寄稿=現地日系紙にデビュー

2016年07月12日
フィリピンで発行する日系の日刊紙である、
マニラ新聞にデビューしました!
まにら新聞寄稿
【記事】=2016年7月11日付マニラ新聞より

1月の天皇皇后両陛下のご接見や
実行委員長を務めた50周年記念式典でも、
コメントは使われず。泣
ついに、このときが!!

…といっても、
今回は、現役隊員全員が寄稿をする
連載「比の人々と共に~青年海外協力隊報告」
の第4回として、
私が自分で書いた寄稿記事で、
記者さんが現地に来て取材してもらった記事ではないのが、
ちょっと残念。

まぁ、フィリピン隊員にはおなじみの
「サヤン」(フィリピン語でモッタイナイ)をテーマにした記事。
文字数が1200字以内という制限があったので、
なかなかその中で自分の活動を紹介するのは苦労したが、
久しぶりに自分の記事が活字になったのは、
やっぱりうれしい。

ただ、活動のほうは、今だに進まず。
私のタイ旅行の間に工事を進め、
「帰ったら完成しているよ!」
と言われていた木酢は、
工事さえ始まっておらず。
まぁこれは、7月1日に新メイヤーが就任し、
前メイヤー政権下で承認された予算については、
再承認が必要ということで、時間がかかっているとのことで、
仕方ない一面はある。

ただ、進んだこともある。
雨季で人が集まらず、ストップしたままのデモファーム事業は、
新メイヤーがあらためて予算を承認してくれたそうで、
今週中にも再開できるそうだ。
木酢も、承認さえしてくれれば、いつでも始められるはずだ。
もう残り任期は3ヵ月を切った。
焦って無理に動いて、同僚たちとの関係を崩してしまっては、
それこそサヤンだ。

ゆっくり、私たちティナンバック町農業事務所のペースで、
ラストスパートを切る。
タイで仏像をたくさん見たからか、
今はそんな、悟りに達したような気持ち。

↓マニラ新聞、PDF版は以下から
まにら新聞「比の人々と共に」青年海外協力隊員報告4

↓ぜひぜひ、この記事シェア大歓迎です! 私の活動をコンパクトに(自分で言うのは恥ずかしいですが)まとめました。ぜひ多くの人に活動のことを知ってほしい!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・ブロガー論 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。